この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 45 秒です。

皆様、こんにちは!「Takemon(たけもん)」です。

今日も、「アドセンスで趣味を仕事にする」方法を考えていきますね。

「趣味を仕事にするために」は「収益」をなるべく最大化させないといけません。

アドセンスの広告ですが「記事内広告」というものがあります。

今までのレクタングル広告などの「ディスプレイ広告」と何が違うのか検証してみました。

今回は、Googleアドセンスの「記事内広告」についてまとめていきます。

この記事を読めば、Googleアドセンスの「記事内広告」について理解できることでしょう。

それでは、ぜひご覧ください。

 

「記事内広告」は、記事中に貼っていた通常のディスプレイ広告の代わりになる

「記事内広告」はその名の通り、記事の途中で表示させる広告です。

今までだと、記事途中で広告を入れる場合、ディスプレイ広告の「レクタングル広告」などを入れていました。

「記事内広告」はより記事に溶け込むデザインをしており、クリック率の上昇が期待できるものです。

私も何記事かを「レクタングル広告」から「記事内広告」に変更しました。

 

「記事内広告」はどんなデザインなのかをご紹介します。

パソコンだとこのようなデザインです。

(赤枠は目立させるために囲っています。実際には赤枠はついておりません)

特徴として、「もっと見る」などのバナーが付いており、読者に行動を起こしてもらえるようなデザインになっています。

また、デザインもいかにも「広告」というデザインではないですね。

 

スマホだとこのようなデザインです。

パソコン、スマホなどディスプレイの大きさによって自動的に広告サイズを変えてくれる「レスポンシブ」タイプになっています。

 

ラベル表記は必須ではないが、ラベル表記しておいたほうがいいかも

Google AdSense 公式ヘルプによると、「記事内広告」はラベル表示は必須ではないようです。

しかし、誤クリックが発生しないようにラベルは表記したほうが無難だと思います。

私も最初、ラベル表記なしにしていましたが、管理人自身が誤クリックしそうになったので、ラベルは表記するようにしました。

また、前後の記事との余白を空けるほうがよいでしょう。

 

「記事内広告」だが、通常のディスプレイ広告が出ることもある

「記事内広告」ですが、必ずしも上の画像のようなデザインの広告が出るとは限らないようです。

自身のブログを見ていると、時々「記事内広告」を貼っている箇所にディスプレイ広告の「レクタングル広告」が出ている時がありました。

例えば、この広告は「記事内広告」で貼っている広告ですが、「レクタングル広告」が出ています。

パソコンではあまり見かけないのですが、スマホだと「記事内広告」の代わりに「レクタングル広告」が出ていることが多いですね。

そのあたりは今、Googleが検証しながら広告を配信しているのではないかと思われます。

 

「記事内広告」の作成方法

それでは「記事内広告」を作成してみましょう。

 

[広告の設定]-[広告ユニット]の「新しい広告ユニット」をクリックします。

 

広告の種類では、「記事内広告」をクリックします。

 

「スタイル」を選べますが、特に何も変えないで「保存してコードを取得」をクリックします。

コードが表示されるので、コピペします。

 

なお、スタイルを変更することもできます。
スタイルを変えると、左側でプレビューされますので、確認しながら変更してください。

スタイルは特に変える必要はないと思いますが。

 

また、「グローバルオプション」には少し気をつけてください。

「選択したディスプレイ広告を表示する」がオンになっていることを確認してください。

初期状態では「オン」になっているはずですが、念のために確認してください。

 

これは先程、「記事内広告」ですが、通常のディスプレイ広告が出ることもあると言っていました。

実は、ここで「表示させる/させない」の設定ができます。

「選択したディスプレイ広告を表示する」がオンになっていないと、CPMが下がる可能性があるようです。

(※CPM:「広告が表示されただけで収入になる広告」の収益単価のこと)

 

まとめ

  • Googleアドセンスには「記事内広告」というものがある
  • 記事の中に溶け込むようなデザインで、クリック率の上昇が見込める
  • 誤クリックの可能性もあるので、ラベルは必須ではないが、表記しておくほうが無難

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます (^^/

次回も、「アドセンスで趣味を仕事にする」にフォーカスして記事を更新していきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。