この記事を読むのに必要な時間は約 9 分 47 秒です。

はじめまして、「Takemon(たけもん)」です。

こちらのページにアクセスしていただき、ありがとうございます♪

 

たった1つのサイトで収益トータル約225万円の実績

アドセンスや楽天アフィリエイトなどでこれまでにトータル約225万円の実績を持っています。

上の画像はアドセンスの収益です。

上の画像にあるように、ほとんどがアドセンスからの収益で、他の楽天アフィリエイトなどはちょっとだけですね。

これは1個のサイトだけの収益です。

アドセンスの規約で発生金額の公開は基本NGですが、端数を隠した数字ならOKそうなので公開します。

(本当に大丈夫なのだろうか・・・怖い怖い・・・)

 

たった1つのサイトでひと月で約月21万7千円の収益を発生したことも

ひと月にアドセンスや楽天アフィリエイトなどで約月21万7千円の収益した月もありました。

こちらもほとんどがアドセンスからの収益です。

(※この月のPV数を公開するのはGoogle Adsense違反なので公開できません。すみません。皆さん気になるところだと思うのですが、公開するとアボセンスになるので。。。)

 

楽天出店企業で12年働き、スキルアップのため転職。しかし・・・

僕は楽天に出店している企業で働いていたんですね。なんだかんだ言って12年働いていました。

入社した当初はちっぽけなお店(企業)だったのですが、入社してから12年で入社日の100倍以上の売上の規模を誇る会社になりました。

今はたまにテレビでも紹介されるそこそこの有名企業です。

 

12年経つと、さすがに「飽き」と言いますか、居場所がここではない気がしたので転職したのです。

その転職先がまさかのブラック企業うつ状態で約1年で退職してしまいました。

 

現在、就職活動を(少し)しながら、独立への道を模索していているところです。

 

ブログは、稼げるのか?

僕も最初から「ブログ」が得意なわけではありませんでした。

ブログは大学生時代に講習でちょっとやっただけで放置状態だったのです。
(当時は「ブログ」ではなく、htmlという言語を使ってサイトにアップするというもの。ただし、Wordみたいに書けるソフトがあるので難しいものではありません)

 

当時、ブログそのものがあまり好きではなかったです。
だって、好きだったら、当時から継続してやっているわけですからね。

 

会社に入社してから、「そこで学んだノウハウ」「その時僕がハマっていた趣味」をブログネタに書いたのです。そのとき、「アドセンス」という収益方法を知ったのでその時導入しました。

すると、上記の実績を上げることができたのです。

 

もちろん、会社勤めをしながらスキマ時間でブログを書いているので、平日は家に帰ってから、土日にじっくり記事を書くことをしていました。

 

でもこんなことができるのは、「自分の趣味」をブログにアップしているからなんですね。

そうでないと、サラリーマンやりながら、平日も土日も自分の時間をつぶして、ブログに没頭することができません。

 

なので、表題にある「ブログで稼げるか?」と言われると「稼げることは可能」です。

そして、「自分の好きなこと」をテーマにすると比較的カンタンに稼ぐこともできます。

 

「自分の好きなこと」読者に分かりやすく「情報発信」していけばそのうち検索上位にもなります。

ファンも増えてきます。リピーターになっていただけるのです。

そうすると流入が検索だけでなく、ブックマークからも見てもらえます。

ツイッターもフォローしていただけるので、ツイッターでつぶやくとそこからのアクセス流入もあります。

広告を貼っているので、そこからの収益も増えてきます。

良いサイクルが出来上がるのです。

 

逆に「稼げるから」というだけで良く分からないテーマを無理やりやっても続けられません。

 

もちろん収益を上げるためには「それに対する情熱」「ニーズの算出」「SEO」「企画・コンテンツ」「PDCA」は必要ですからね。

 

ブラック企業に入社してしまった話

入社すると、全然違う仕事を割り振られることに。

とあるリサイクル業の製造業。そこのネット事業部での仕事で転職しました。

すると、最初希望していた仕事は時間内にさせてもらえなかったのです。

 

一応ネット事業部ということだったのでECサイトの受発注業務を最初していました。

当然、商品内容やどういったお客様がいるのかを理解するためにやるのでやる目的はあります。

 

しばらくして、パートの人が辞めたので、リアルの取引先の受発注業務もやらされるようになりました。

さらに、なぜかECサイトの経理もやるようになりました。

経理の仕事なんかしたことがないのに、丸投げさせられました。充分に教えられることなく、わけも分からずやっているので、当然ミスもします。怒られました。

ページを作る仕事なんてさせてもらえなかったのです。

 

平日、早朝から深夜まで仕事。土曜日、サービス出勤。日曜日、ボランティア仕事。

慣れない仕事ばかりで失敗が続き、所属している業務課(ネット事業部ではないですよ)に迷惑をかけます。

そのことで上司に相談したところ、

つべこべ言うな!言われたことをやれ!会社が回っていないのは全てお前のせいだ!」

「今、100件処理しているだろ。おそすぎるぞ!俺は300件処理しているんだぞ!」(処理内容は全く違うのだが)

「これからもっと増えるぞ!お前はもう帰れなくなるからな。

何も聞いてもらえません。

 

月~金は受発注の業務でいっぱいになりました。家に帰るのは23時過ぎです。残業代は出ません。

なぜかやらされている経理の仕事が回らなくなったので、土曜日に出社です。もちろん、土曜出勤だろうが、休日出勤代は出ません。

 

いつ、ページ更新するの?となると思いますが、時間内にやれるわけがなく、家で日曜日にやります。もう完全にボランティアです。

 

さらに受発注件数はどんどん丸投げされ、受発注の業務で22時までやってもついに回らなくなりました。

朝5時に起きて、会社に居なくてもできる受発注業務を家で1時間半やった上、6時半に朝食・7時に家を出るという生活に。

 

まとめると、

  • 月~金:朝5時に起床。家で仕事。8時から22時まで会社で仕事。帰るのは23時。(残業代はなし)
  • 土:経理の仕事を会社に出社して仕事をする(休日出勤代はできません)
  • 日祝:家でECサイトのページ作成をする(ボランティアです)

 

妻から「いつ休むの?」と聞かれました。

僕は「僕が60歳になるか、会社辞めるまで(はない)」と答えました。

 

こんな状態が続くと正常な気持ちにはなれません。

 

気をつけてもミスはたまにしてしまいます。

すると上司はついに個人攻撃です。

朝礼で何度も僕の名前を出して、「またミスをした。やる気あるのか!?」とみんなの見ている前で怒っていました。同じことを何度も何度も。

 

みんなから「パワハラを受けている」という認識を持っていたようです(僕が辞める時に知ったのですが)

 

在宅するんだから、「1日で4000ページ作れ」。

社長が一回、在宅で仕事してみないか、という提案があったのです。

会社に居たくない僕は率先してお願いして、試しとして在宅勤務が認められたのです。

 

すると上司は

在宅勤務なんだから、1日で4000ページ作れ!と言われました。

※4000ページということは言っていないですが、見積もりページ数がこのボリュームだった。

 

当然、そんなこと出来るわけないので、相談したところ、

在宅は無理難題を必死こいてがんばるものだ!つべこべ言うな!出来ないなんて言うな!」

「無理難題を言われても必死こいたらできるはずだ!

と言われました。

 

受発注は初心者だからやれるボリュームが分からないので上司の意見も聞いていました。

しかし、ページ制作は僕の本業です。

どう頑張っても、1人でデータ作って、画像を作って、各ECサイトにデータを登録して、各ECサイトにデータをアップして、ページを確認してをして4000ページなんてできません。

 

もうやるしかないので、在宅勤務の前日、家に帰ってから寝ずに作成していました。

いわゆる完徹ですね。

でもやりましたよ。4000ページ作りましたよ。

 

今までの経験を活かして、様々なツールを使って、最短の方法で4000ページ作りましたよ。

それまでも家に帰ってからド深夜と早朝で、データを作っていたんですよ。

20時間分はやっていたと思います。

 

在宅時間8時間でなんてできるわけないでしょう。

また普通の人は絶対に20時間では出来ないです。これは断言出来ます。

 

そこで、分かったんです。上司はタスクの量なんか全く考えずに丸投げをして無理やりやらせているのだと。

 

そのあと、在宅勤務がひとまず成果が上がったということで、上司は社長の期待に沿うことができたと喜んでいました。

(無理難題を僕に丸投げしただけですが)

 

このことがきっかけでついに辞める決心をしました。

 

好きなことを仕事にしないと人工知能(AI)に仕事を奪われる

上司は生活するためだけに仕方なしで働いているそうです。

「別に今仕事を辞めても良い」と周りに言い放っていることを別の所属の方から聞きました。

 

部下が土曜日出勤して、日曜日はボランティア仕事をしているのに、上司は何も手を打ちません。

上司は土曜日に出勤することなく、パチンコしているそうです。

別に僕が解決すればいいだけの問題だと思っていたので、特に何も思わないのですが、周りからは相当非常識な上司として見られているようです。

 

「社長だけのご機嫌だけを伺って、一つの会社に依存している。」

「別にやりたいとも思わない仕事を嫌々文句言われない程度にやっている。」

 

これって、社長からクビと言われたら、会社が潰れたら、もう次の行き先ないですよね。

また、人工知能(AI)によって、今までの職業では食えなくなると言われていますよね。

誰でも出来る仕事は今後人工知能(AI)によって、食われていくことでしょう。

 

それよりも、ひとつのところからの収入だけでなく、複数から収入を得るのがこれからは当たり前の時代になっています

インターネットが出来たことにより、ビジネスをするハードルが相当下がりました。

 

アドセンスは、インターネットビジネスでは比較的簡単に収益を上げられることができます。

「ブログのファン」が増えれば、収益も加速していきます。

 

でも、アドセンスだけで月20万円稼ごうと思うと大変です。

「月21万の実績」と言ってますがあくまで最大であって、毎月この金額に到達しているわけではありません。

アクセス数がそれなりに必要になります。

 

今、僕はある教材を使って、アドセンスだけでなく、そこから物販アフィリエイトへつなげていけるように挑戦しています。

 

しかし、月5~10万レベルの副業レベルなら、「アドセンス」が一番到達しやすいと思っています。

まずは、月5~10万を目指してみませんか?

 

そして、月5~10万が到達すれば、次のステージが見えてくるはずです。

 

僕はある方のビジネス塾に入っており、その方が言っていました。

「正しい働き方」がなくなってきており、「大企業に勤めれば一生安泰」の価値観は崩れ去った。

戦前は多数派は「自営業者」だった。戦後多数派は「会社員」になったが、これが「自営業者」に変わろうとしている。

 

歴史は「自営業者」「会社員」の時代を交互に繰り替えているそうです。

12年働いていた会社でも退職後、フリーカメラマンになった人がいます。コピーライターになった方もいます。

1年で辞めた会社でも退職後、個人事業主で営業している人もいます。

またインターネット業界には、独立している人が沢山います。

 

インターネットはこれからも広がってきます。そしてその時流に乗ろうではありませんか。

そして、社畜はやめて自由な生活を送りませんか?

私はそのお手伝いをさせていただきます。