この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 55 秒です。

皆様、こんにちは!「Takemon(たけもん)」です。

今日も、「アドセンスで趣味を仕事にする」方法を考えていきますね。

 

ブログはまず「継続する」ことが大事です。でもなかなか継続するのは難しいですね。

 

まずは、ブログを「継続させる」ために「自分の趣味」をテーマにして記事を書きましょう。

 

この記事を読めば、「自分の趣味」をテーマに記事に書くことの重要性と「具体的にどうすれば良いのか」が理解できることでしょう。

それでは、ぜひご覧ください。

 

ブログは継続が重要。まずは30記事書ける趣味テーマを決める

「ブログは継続が重要」とブログをちょっとかじったことがある人は聞いたことがあるかもしれません。

それは本当に正しいです。「ブログは継続が重要」なんです。

 

ブログでたまに記事を更新したけど、アクセス集まらないし辞めてしまった人も多いと思います。

 

記事が1・2記事だけだとか、たまに更新しなかったら誰にも見てもらえません。

 

やはりある程度のボリュームがないと「アクセスが増えるブログ」にはならないのです。

 

ボリュームを増やすには、記事を書かないといけないのです。

 

一般的に「まず30記事を書けるテーマ」でブログをやっていかないと継続できないと言われています。

 

でも、「30記事」というと大変ですよね。

 

まずその「30記事」をクリアするためには「自分が詳しく知っている分野(趣味)」をテーマにしていくほうが良いでしょう。

 

詳しく知っているからこそ、継続して書けるのです。

 

比較的、スラスラ書けるはずなので、記事の更新が継続して出来ます。

そして、記事を書いていくうちに、文章がどんどん上達していくのです。

 

最初は記事を書いてもアクセスはほとんど来ないと思います。

しかし、書いていくうちに色々勉強していくはずです。

 

アクセスを増やすために

  • どういうキーワードを盛り込んだらいいのか
  • どういう流れで書いていけば読者が読んでもらえるか

 

というのを意識していくようになります。

 

まずはとりあえず「継続して記事を書くことを習慣づける」。

これが「趣味を仕事にする」ための最初の第一歩です。

 
 

趣味ブログで30記事を作るための方法

前回、趣味の具体例として「新宿に行くのが趣味」という例を挙げました。

今回も「新宿に行くのが趣味」という例で考えてみたいと思います。

 

「ランチ」をテーマを記事を更新してみる

「新宿」だと「ランチ」には困らないですよね。

まずランチのお店は30軒以上はあると思います。

ネタには困らないはずです。

お店に入ったら、

  • 料理の写真を撮る
  • 料理の感想
  • お店の内装・接客対応など「ここが良い」と思うところ
  • どんなお客さんが多いか(年齢・性別)
  • 料理の料金はどのくらいの金額が多いのか

 

などの情報をブログに載せるといいですね。

 

これでただ単に「ここのお店は美味しかった」というブログにならずに、「読者にとって有益な情報があるブログ」になります。

そうすると徐々にアクセスも増えていくので、やる気が起こり、継続することができます。

 

「乗り換え案内」をテーマを記事を更新してみる

前回の記事で、乗り換えのルートを記事にする例を挙げました。

「新宿」は

  • JRの出口でも8つある
  • 地下鉄の新宿エリアには複数の駅がある。色々な出口がある
  • 小田急線がある
  • 京王線がある。しかも「京王・新宿駅」と「京王新線・新宿駅」がある
  • 西武鉄道がある

 

となると、組み合わせると30パターン以上は考えられますよね。

これを読者に分かりやすく解説していけば「読者にとって有益な情報があるブログ」になります。

 

どちらもとてもニーズがある話題なので、アクセスが増えやすいブログテーマになりますね。

 

これを横展開して「東京駅」「上野駅」「品川駅」などにも広げていくことも可能です。

 

当然、これらのテーマはすでに詳しいサイトが沢山あります。

 

しかし、それを上回る分かりやすさで書くことができれば競合のサイトにも勝つことも出来ます。

 
 

まとめ

  • ブログは継続が重要。継続には「趣味」を活かしたテーマをやっていくと良い
  • 記事を書いていくと、文章の書き方も勉強するようになる
  • 記事の書き方で「読者にとって有益な情報があるブログ」を作ろう

 

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます (^^/

次回も、「アドセンスで趣味を仕事にする」にフォーカスして記事を更新していきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。