この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 31 秒です。

皆様、こんにちは!「Takemon(たけもん)」です。

今日も、「アドセンスで趣味を仕事にする」方法を考えていきますね。

「ブログ」でアクセスを上げようと思ったら、「アクセスを集める文章構成」である必要があります。

 

この記事を読めば、「アクセスを集める文章構成とは何か」と「具体的にどうすれば良いのか」が理解できることでしょう。

それでは、ぜひご覧ください。

 

「アクセスを集める文章構成」とはどんなものか?

「アクセスを集める文章構成」 とはどんなものなのでしょうか。 具体例を挙げて解説したいと思います。

これはブログ記事の「文章構成」「検索目的の把握」が大きく関係します。

 

「潜在的な目的」の「答え」を先に書く

ブログを読んでいる人は「情報」を知りたいのです。そのため、「情報」の「答え」を最初に書きます。

読者は時間がありません。貴重な時間を使って、アクセスして頂いたのですから、読者が望んでいる「答え」をすぐに書いてあげる必要があります。

そして、その読者が望んでいる「答え」を把握することが大切です。

 

具体的な「潜在的目的の答えを先に書く」方法

今までに例として、「新宿」に行くことが趣味で「新宿」に詳しい人の例を挙げていました。

その中で、「『JR』から『京王線』に乗り換える方法」の記事を書くとします。

ではまず特に意識しないで、ダラダラ書いた例をあげます。

タイトル:新宿駅で『JR』から『京王線』に乗り換える方法

JR線のホームを降りたら、「中央西口」と書かれている階段を下ります。
階段を下った後、京王線の新宿駅に向かって歩きます。

入り口に入ると、階段があります。階段を下って、そのあと上がると、京王線連絡口の改札が見えてきます。

その京王線連絡口の改札を通ります。

およそ10分くらいで乗り換えることができます。

 

上記の記事を読みたい人は、どういう目的があって検索しているのでしょうか。

ユーザーは、「新宿 JR 京王線 乗り換え」とかで検索していると思います。

「新宿 JR 京王線 乗り換え」で検索している人は、どんな「目的」があると思いますか。

  • 表面上の目的:乗り換えの方法を知りたい
  • 潜在的な目的:時間がそれほどないので、効果的な乗り換え方法を知りたい

となるのではないでしょうか。

「乗り換えるルート自体」よりも「効果的な乗り換えをしたい。何分くらい掛かるのか知りたい」という潜在的な目的があります。

それに「対する答え」を先に書いてあげるのです。

 

タイトル:新宿駅で『JR』から『京王線』に乗り換える方法

新宿駅で『JR』から『京王線』 への乗り換えは、およそ10分くらいです。

以下を参考に乗り換えてください。

JR線のホームを降りたら、「中央西口」と書かれている階段を下ります。
階段を下った後、京王線の新宿駅に向かって歩きます。

入り口に入ると、階段があります。階段を下って、そのあと上がると、京王線連絡口の改札が見えてきます。

その京王線連絡口の改札を通ります。

 

この書き方なら、

  • 最初に「何分くらい掛かるのか知りたい」という「目的」に対する「答え」
  • その次に乗り換えルートの「具体例」

の流れになります。

 

最初に「(潜在的な目的の)答え」が分かって、さらにどういう行動をすれば良いのか「具体的な事例」が分かるので、行動しやすいです。

読者から感謝(支持)される記事になるでしょう。

きっと、読者もこの記事に満足して、ブログのファンになっていただけるはずです。

 

記事に「答え」が見いだせなかったら、読者はすぐに帰ってしまう

ページにアクセスしたけど、思っていることが書かれていなくて「戻るボタン」を押したことがありませんか?

 

それは「目的」があってページを見たけど、「答え」が書いているところが分からなくて離脱していることが多いです。

そのため、「答え」がすぐ分かる記事を書くよう心がけましょう。

 

まとめ

  • ブログ記事は、読者が望んでいる「答え」をすぐに書いてあげる必要がある
  • 検索されるであろうキーワードの潜在的目的を把握する
  • 潜在的目的の「答え」になる部分を最初に書く

 

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます (^^/

次回も、「アドセンスで趣味を仕事にする」にフォーカスして記事を更新していきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。